もっと本音を・・・

2019年10月12日

せっかく先月は更新が多かったのに、今月はいつものペースでぱったり(^-^;
先日、無理矢理更新しましたけど(^-^;(笑

で、先日13日にまたライブに行ってきました。
四谷天窓コンフォート・・・。
最初から最後まで見てました。

正直このイベントのサブタイトル付けは個人的に嫌いです。
イベント企画自体に文句つけるのもなんなんですけどね・・・。

今回のタイトル「口元についたチョコレートをベロでさらう姿が超かわいくて」
女性シンガーを集めたイベントってのはわかるし今はそれが一番集客も見込めるのかも
しれない。人気のイベントなのかもしれないし、そこへのブッキングをしてもらうのを
目標にしている人もいるかもしれない。

でも・・・こんなタイトルで女の子のファンや少し興味をもってる人が来ようと思うのかな?って。
イベンターからしたら集客に成功すればそれでOKで、集めやすいブッキングをするだろうし
イベンターからみたら悪いことではないんだけどね(^-^;
実際アーティスト自体はそれなりに素材のいい人が集まってたと思います。
だから余計に・・・。

ストリートやカフェライブ系の女性シンガーの集まるところに必ず「おっさん」あり。
というか「おっさん」ばっかり。自分もその一人って言われたらそうなんだけど。
ただ、いわゆるそういった”カイワイ”から抜け出さないと広がらない。
そこでいいって思ってる子もいるのかもしれない・・・。
でも、どこに向けて歌ってるのか?誰に聞いてほしいのか?ってなると
「そこでいい」って本音ではないとおもう。

もちろん活動していくうえで応援してくれている大切なファンっていう気持ちはあるだろうけど。
失う怖さを持ってるのだとしたら、正直あきらめたほうがいいと思う。
もっと本音を発信したらどうなんだろう・・・。
残れる人はそれでも残れる。失って壊して初めて変わっていけることもあると思う。

「いつも応援ありがとう」この気持ちは大切にしていながらそれでも
「女の子に聞いてほしい」って本音があるならもっと発信していっていいと思う。
「ライブに彼女や奥さん、好きな人を連れてきて欲しい」なんて言ってみてもいいと思う。
怖いかもしれないけどね・・・。

結局集まってきてる連中って純粋な音楽ファンといい難いと思うんだよね。
音楽に詳しかったり共感はしてるんだろうけどね・・・。
でもそれ以上にプレゼント考えて渡すことに必死になったり。
SNS更新されたら何でもかんでもレスしたり・・・。
物販にへばりついて、あまり積極的でない少し興味持った人が近づく邪魔したり・・・。
会場が片づけに入ろうとしても好きなアーティストにべったりで帰らなかったり・・・。
それってマナーの問題でもある。

ひどいのはアーティスト本人に「一緒にがんばろう」なんてメッセージを公に残す。
それ「ありがとう」しか言えないでしょ。アーティストからしたら。
「ありがとう」の強要にも近い。
ライブがあって動員が少ないから嘆いているアーティストがいたらそれは恥ずかしいこと。
でも、スタッフや本人にしか責任は背負えない。
なのに「自分の力がなくって呼べなくてごめんね」とか。
バカじゃないか?と。それを言われて「その通り」って答えられるアーティストなんていないでしょ。
人としてもどうか?ってことにもなるしね・・・。

キャバ嬢じゃないんだから・・・。

それは応援にかこつけた自己満足以外の何物でもない・・・。

本当にここ最近、またよく女性ボーカルの出演するイベントを見に行くようになって・・・。
まだまだだなって思う中に光るものがあるって感じる人をちょくちょく見かける。
でも、「本音」を発信していない気もする。

恋愛と同じ。好きって言わなきゃ好きって伝わらないと思う。
説得力無いですけど(^-^;

怖がらず本音の発信もしていくことが抜け出すための一つの方法な気がします。

まぁこれも自分の勝手に思うことであって正しいか正しくないか、わかりませんけどね。
正解のない世界だと思うから。
ただ自分は、女性は女性、男性は男性に支持されてこそ底力がつくと思ってます。

2/28はそんな思いも少しあって、三者三様のタイバンイベントを作りたくってやってみました。
結果どうなるかわからないけど・・・。
少しでも何かのきっかけになればいいなと思って最後まで頑張りたいな。。。